目の最新治療で視力を回復させよう│広がる視界でクリアな世界

案内をする医師

特殊レンズの使用

現在の相場をご紹介します

下を見る人

従来のレーザー治療に代わって新たに登場した視力矯正法が、ICLと呼ばれる特殊レンズを使用した治療法です。このICLは近年日本でも広く試みられるようになりました。現在では全国の医療機関で徐々に治療が始められており、今後も期待の持てる視力矯正法となっています。 このICLの現在の相場は、両眼の手術で約60万円から70万円程です。片方の眼のみに手術を行なう場合には、こういった金額の約半分程度となります。レーザー治療と同じくこのICLにも健康保険が適用されないため、全額自己負担となります。この視力矯正法は1回の手術で可能で、レーザー治療と同様に日帰りで行なうことが出来るため、体にも負担がかからない治療となっているのです。

レンズを挿入します

ICLでは、特殊なレンズを眼の虹彩と呼ばれる部分と水晶体の間に挿入します。レーザー治療と同様に、点眼麻酔の後に角膜を数ミリ切開しその隙間からコンパクトに折りたたまれたレンズを入れていく訳です。その後レンズが中で広がり、虹彩と水晶体の間に一つの膜のように挟み込まれた状態となります。このICLで使用されるレンズはコラーゲンなどが配合されている特殊素材で、異物感を感じることもないのです。 このICLという視力矯正のメリットは、レーザー治療に比べて後遺症の心配が少ないということです。万が一問題があれば挿入しているレンズを取り除くことで、解決することが出来ます。角膜の損傷を防ぎ、後遺症を極力抑えた視力矯正法がICLなのです。