目の最新治療で視力を回復させよう│広がる視界でクリアな世界

案内をする医師

視力矯正のための手術

レーシックの効果と費用

綺麗な花畑

視力が低下した場合、コンタクトレンズを使用することで、視力が低下する前と同じくらい物をよく見ることができるようになります。しかしこれは視力自体が回復しているわけではなく、あくまでコンタクトレンズの力を借りているだけです。ところがレーシックという手術を受けることで、コンタクトレンズを使用しなくても、視力の高い状態にすることができます。 レーシックとは、角膜をレーザーで削ることでレンズ状にするという、視力矯正のための手術です。要は、角膜をコンタクトレンズと同じような状態にすることで、視力矯正効果を出すわけです。 手術費用はクリニックによって異なっているのですが、相場は両目で20万円ほどとなっています。健康保険適用外の手術なので自費での支払いとなりますが、民間の医療保険の中には保険金を給付しているところもあります。

安全性が高く負担の少ない方法へ

レーシックは、かつてはメスで角膜の表面をはがした上で、その下を削ってから、表面を再び戻すという方法でおこなわれていました。しかし昨今では、角膜の表面をレーザーではがすという方法が主流となっています。レーザーを使用した方が、薄くはがすことができるため、角膜に与える負担が少ないのです。 さらに現在は、コラーゲンなどで作られた薄いレンズを挿入することで、視力矯正をするという手術もおこなわれるようになっています。この手術では角膜を削らず、切れ込みを入れてそこから挿入することになります。削らないで済む分角膜の負担は少ないですし、角膜の厚みが不足している人でも受けることが可能となっています。 このように視力矯正のための手術は、より安全性の高いものへ、負担の少ないものへと進化してきているのです。