目の最新治療で視力を回復させよう│広がる視界でクリアな世界

案内をする医師

人気の矯正

外科的な治療を受ける人が増えました

綺麗な山

視力矯正方法として、昔から一番よく用いられてきたのはメガネをかけるという方法です。レンズやフレームのグレードを高くすると10万円以上の値段になってしまうことがありますが、メガネ量販店へ行けば1万円以下の安価な製品も売られています。メガネの次に利用者数が多いのがコンタクトレンズです。メガネよりは高めのコストがかかりますが、スポーツをしてもメガネがズレてしまう心配をする必要がなくなるというメリットがあります。ただし、どちらを使って視力矯正をする場合も、道具を使う煩わしさから逃れることはできません。できることなら、何も道具を使わずに裸眼で生活したいと考えるのが当たり前です。そのような希望を持っている人の間で人気を集めている視力矯正方法がレーシックなどの外科手術です。眼球にメスを入れることに対し抵抗感を覚える人も結構いますが、メガネやコンタクトレンズを使わずに生活することができるようになるため、外科手術によって視力矯正を図る人が増えてきています。

手術療法を利用する人が増えそうです

メガネやコンタクトレンズを使用している人の顔にボールがぶつかったりすると、思わぬ大怪我になってしまう可能性が高いです。裸眼であれば、目の周りに青あざができる程度で済ませられる場合が多いです。でも、メガネやコンタクトレンズをしていると、割れたレンズが眼球を傷つけてしまうことがあるので、最悪の場合は失明してしまいます。また、メガネにしろコンタクトレンズにしろ、毎日キチンと手入れしておくようにしないと、快適に使用し続けることができなくなってしまいます。その点、レーシックなどの外科手術で視力矯正をした場合は、何もする必要がないので本当に楽です。もちろん腕の良い医師を選んで手術を受けるようにする必要はありますが、消毒などの手間から解放され、なおかつ裸眼で生活できるようになるというメリットがあるため、今後は手術療法で視力矯正をしようとする人が増えるだろうと考えられています。