目の最新治療で視力を回復させよう│広がる視界でクリアな世界

案内をする医師

目が悪いと不便です

知識武装をすることが大事

レンガ造りの病院

視力矯正のためにレーシック手術を受ける人は増えています。しかし、クリニックに行ったらすぐに手術をすると言うわけではありません。術前検査があります。そして、その検査結果を聞くとともに、本当にこの視力矯正方法が正しいのか、医師とよく話し合うことになります。 つまり、インフォームドコンセントがしっかりしているクリニックが良いと言うわけです。医師と話し合っても、安全ばかり強調してくるなら、そのクリニックは避けた方が無難でしょう。 最近は、視力矯正ためのレーシック手術やクリニック、費用や検査などについて事前に知識武装する人が増えました。トラブルに巻き込まれないためには、短絡的にクリニックを選ぶのではなく、こうした工夫が必要になります。

眼内レンズを入れる

視力矯正と言えば、レーシックと言われる位になっています。しかし、最近はレーシックではなく、眼内レンズを入れる手術を受ける人が増えてきました。 レーシックは角膜を削る必要があります。角膜を削れば二度と元に戻ることはありません。それ故に、レーシック手術を受けることをためらう人も多いのです。しかし、眼内レンズならそんな心配はありません。不安がなくなると言うことで、眼内レンズを入れる方法がトレンドのようになってきました。 レーシック手術は誰でも受けられると思っている人が多いですが、そんなことはありません。強度近視や角膜が薄い人はレーシック手術ができないのです。しかし、眼内レンズを入れる手術なら、そうした人たちでも受けることができます。