目の最新治療で視力を回復させよう│広がる視界でクリアな世界

案内をする医師

術後のケア

検査の結果次第では

問診風景

現在、近視の人はたくさん存在しますが、年々増加傾向にあると言われています。ですから、視力矯正を積極的に行う人も増えました。視力矯正と言うと、眼鏡やコンタクトレンズを装着するのが一般的ですが、最近は手術を受ける人が多いです。 近年、視力矯正の手術と言えば、レーシック手術と言うほどになっています。手術費用も安くなり、多くの人が受けられるようになりましたが、誰でも受けられるわけではありません。 レーシックの手術では、手術前に検査を受ける必要があります。検査の結果次第では、手術が受けられないと判断されることがあるのです。角膜の形状に異常が認められた人、強度の近視や乱視の人はレーシック手術を受けることができません。

手術後のケアについて

視力矯正にはレーシック手術と言われる位になりました。手術を希望する人も多いですが、手術後のケアが大切と言うことを頭に入れておきましょう。レーシック手術を受けたらすぐに視力が安定すると思っている人がいます。しかし、視力が安定するまでは時間がかかるのです。 ですから、目の保護をすることが非常に大切になってきます。寝るときは保護用アイマスクを装着し、就寝中に目をこすらないようにしておきましょう。手術の翌日には入浴も洗顔もしていいのですが、目に水や石鹸やシャンプーが入らないようにすることです。また、手術後1週間くらいはアルコールの摂取を控えましょう。手術後は、私生活においてこうした工夫が必要になってきます。